暮らしMOVE ON

大人と成人

毎年成人の日になると成人式での新成人の振る舞いが話題になります。
お酒をラッパ飲みしながら暴れたり、賓客の挨拶にやじをとばしたり。
成人初日からこれですかと頭を抱えてしまう映像もなんだか慣れっこになってしまいました。
20歳で成人っていうのはとくに根拠があるわけではありません。
古代中国で元服をしたのが20歳だったということですが、21世紀の今それが妥当かどうかはなんとも言えません。
実際18歳成人制を訴える人たちもいるみたいですが、ゆとり世代の現状を見るにつけ、むしろ25歳くらいでいいのではないかって気がします。
成人は20歳になればだれでもなれますが、大人になるのはもっとハードルが高そうです。
人によっては一生大人になれないままの人もいるのではないかと思う今日この頃です。

 

健康的に痩せたいのであれば、有酸素運動をするべきです(ジョギングやウォーキング、水中ウォーキングなど)。

しかしある条件を満たさなければ、有酸素運動をしてもあまり効果があがらないのも事実です。

その条件とは、いったい何なのでしょうか。

それは、有酸素運動を20分以上することです。

何故なら有酸素運動をしても20分以内でやめてしまうと、脂肪を燃焼しないからです。

(脂肪が燃焼し始めるは、有酸素運動を20分以上してから。)

急にはできないという人は、まず15分程度の有酸素運動から始めてもいいと思います。

更に酵素ドリンクも飲めば基礎代謝がアップし、脂肪の燃焼効率が上がるという説もあります。

 

今話題の酵素ドリンク

 

様々な酵素ドリンクが出ているので試してみると良いでしょう。

続きを読む≫ 2014/07/17 22:45:17

恋愛について悩んでいる人のなかには、「片思いの相手に恋人がいる」という悩みを抱えている人が少なくありません。

恋人がいると知った時点で諦めるという人もいますが、なかなか諦めることができずに辛いと感じている人も多いようです。

片思いの相手と恋人の関係が崩れることなどを願ってしまうと自己嫌悪に陥る可能性があるため、恋愛について考える時間を減らしていく工夫が必要です。

趣味に没頭する時間を増やすと効果的ですが、片思いをしている間は他の異性に目を向ける機会が少ないため、時には視野を広げてみることも大切です。

片思いの相手と友人の場合、恋人との関係を相談されることもありますが、自分に有利なアドバイスをし過ぎないよう注意が必要です。

続きを読む≫ 2014/07/17 22:44:17

マイホームを持つというのは、今でも多くの日本人にとって夢の一つと言えます。

今、賃貸住宅に住んでいるなら、住宅ローンを組んで家を購入したほうが良いのではないかと思っている方もいるでしょう。

「賃貸の家賃はドブにお金を捨てるようなもの。そのお金で住宅ローンを払うなら自分の家が手に入ります!」

こんな話も聞きますが、この話は典型的な住宅販売会社の販売戦略に過ぎません。

ローンが返済できず、任意整理に追い込まれたケースもかなりあります。

任意整理や自己破産に追い込まれないためにもきちんと理解してローンを組む事をこころがけましょう。

 

続きを読む≫ 2014/06/11 16:52:11

人間年を重ねるごとに変化を避けて、同じことの繰り返しを好むようになります。

安定した日常を壊したくない、毎日を平穏に暮らしていきたいという考えは、日々の忙しさに疲れきった現代人ではしかたのないことなのかもしれません。

しかし、終身雇用制が緩やかに崩壊しつつある今、そのきまりきった日常はいつ崩れ去るかわかりません。

そんなときに日頃からステップアップを心がけていた人と、漫然と日々を過ごしていた人とでは大きな差ができてしまいます。

日頃から新しいことに興味を持って貪欲に知識を取り入れ、資格などを取得していた人と、休日はギャンブルとごろ寝で過ごしていた人とでは人生の密度みたいなものが全く違ってくるでしょう。

最後に頼りになる財産は自分自身の能力です。

たった一つのかけがえのない財産を常に高めていくという意識はこれからの時代とても大切なことだと思うのです。

続きを読む≫ 2014/06/11 16:51:11

人気の職業になる理由は何でしょうか?

仕事へのやりがいや憧れ等々色々あるでしょうが、なんと言っても一番の理由は収入面ではないでしょうか?

しかし薬剤師になればどこでも同じ金額のお給料がもらえる訳ではありません。

薬剤師の中にも調剤薬局での仕事や病院での勤務など、職場自体からして様々です。

それによっても変わってくる事を知っておきましょう。

給料面において薬剤師は人気がありますが、それと並行して安定という点でも人気があります

 

安定する事で生活面で支出してもよい金額が読めるので、よりよい生活設計を構築しやすくなります。

続きを読む≫ 2014/04/19 15:01:19

年の差婚と言えば、芸能界で一時期ブームになりましたね。

年の差婚の中で、男性の方が年上の場合は、年齢差が15歳以上あり、女性の方が年上の場合は、年齢差が10歳以内が多いことがわかっています。

男性側からすると、年齢の離れた若い女性と結婚すると、若返りはもちろん、男性としての質が上がると言われています。

その他、健康に対しての意識が強くなり、体調も向上したという声が多くあげられています。

ですが、年齢差による食事の好みが合わなかったりというデメリットもあったりします。

その反面、女性の方が年上の場合は、男性と同じく若返りと、女性として尊敬してもらえるなどという声が多いですが、これは相手の男性にも関係してくるようです。

女性が年上の年の差婚においては特に、女性としての魅力を失わない努力も必要です。

続きを読む≫ 2014/04/19 15:01:19

お金は出来るだけ借りないほうが良いことは誰にでもわかるはずです。

しかし、借金=悪と単純に決めつけるのも間違いと言えるでしょう。

というのは、借金は別に特殊なことではないからです。

家を建てるときにほとんどの人は住宅ローンを組むと思います。

これももちろん借金です。

また学生、特に大学生などは奨学金を借りている人も多いはずです。

奨学金にもいろんな種類があり、無償で貸与されるものもありますが、日本育英会など、メジャーなものは卒業後、変換していかないといけません。

万が一、返済が滞るようなら債務を整理しなくてはなりません。法的な知識があれば、借金問題で困る必要はありません。

続きを読む≫ 2014/04/15 13:01:15

消費税がアップして気になるのがお財布事情。

また今後も消費税がアップする事を想定するとあまり無駄な支出は増やしたくないのが本音ではないでしょうか?

そんな中、実は細かい事ですが節約するとかなり大きく変わると言うことがあります。

それは外食代。

例えばサラリーマンの昼食。

安いところを探すのではなく、前日の晩のおかずをつめてお弁当にするだけでかなり大きいです。

これを20日として1日300円使っていたら・・ なんと!6000円も変わってくるのです。

その他、喫茶店代やふとした缶コーヒーなどの支出。

この辺もちりも積もれば・・なので一度自身の一ヶ月使ったお金を細かくつけてみるのも良いでしょう。

小さな目の前で出来る事、日々使っているお金と向き合うのも大切ですね。

続きを読む≫ 2014/04/15 13:01:15

看護師の女性と言ったらどのようなイメージを持つでしょうか?

過酷な勤務、常に笑顔、体力勝負…

人それぞれ看護師に持つイメージは様々でしょうが、看護師を1人の女性として向き合うには普通の会社で働くOLと比べそれなりの、いやそれ以上の仕事への理解が必要です。

看護師と言う仕事は勤務場所によっては夜勤があるところも多く、昼夜逆転時にはかなりの長時間拘束もあります。

しかし看護師と言う仕事にやり甲斐を感じて働いている人が殆どですので、仮に付き合うとしたらその辺の配慮は必要です。

長時間拘束のない職場も沢山あります。

続きを読む≫ 2014/04/04 00:12:04

毎年成人の日になると成人式での新成人の振る舞いが話題になります。

お酒をラッパ飲みしながら暴れたり、賓客の挨拶にやじをとばしたり。

成人初日からこれですかと頭を抱えてしまう映像もなんだか慣れっこになってしまいました。

20歳で成人っていうのはとくに根拠があるわけではありません。

古代中国で元服をしたのが20歳だったということですが、21世紀の今それが妥当かどうかはなんとも言えません。

実際18歳成人制を訴える人たちもいるみたいですが、ゆとり世代の現状を見るにつけ、むしろ25歳くらいでいいのではないかって気がします。

成人は20歳になればだれでもなれますが、大人になるのはもっとハードルが高そうです。

人によっては一生大人になれないままの人もいるのではないかと思う今日この頃です。

 

続きを読む≫ 2014/04/04 00:07:04